• ホーム
  • まつげ育毛剤を選ぶ時には失明の危険性が低いものを見極めよう!

まつげ育毛剤を選ぶ時には失明の危険性が低いものを見極めよう!

2020年06月14日

まつげ育毛剤はまつ毛の成長を促進する効果があり、効果が高い医薬品として扱われています。また、まつ毛美容液もまつ毛をケアする効果がありますが、それとは比較できないほど育毛作用があるのがまつげ育毛剤になります。一方で、成分効果が強く、医薬品なので副作用があり、失明する危険性が高いといわれることもあります。特にまつ毛を育毛するということでまつ毛の生え際につけるため、薬剤が目に入る可能性もあり、それが失明に繋がる危険性があります。しかし、まつげ育毛剤はもともと緑内障の治療をするための点眼薬として開発されたものなので、目に入ってもすぐに失明するほどの作用はありません。

実際にまつげ育毛剤を使用して失明したという報告は今までなく、安全性は非常に高いです。緑内障の治療で眼圧を下げるために点眼するのですが、健康な目に触れると充血したり痒みが出たりすることはあります。失明の危険性が高くなるのは、まつげ育毛剤の品質が変わってしまい、それが目に入ったときに発生する眼病が原因です。品質が変わる理由として挙げられるのは、保管方法が良くなかったり、目につけるときに容器が直接粘膜に触れたため中で雑菌や細菌が繁殖したりすることです。品質が変わってしまったものを使い続けることで、痒みや目やにが出る可能性もあります。

それをさらに放置していくと真菌などの失明の原因になる細菌が増殖し、最終的に失明に至ります。多くの場合、目が異常に痒くなったり目やにが増えたりした時点で眼科などの医療機関へ相談することになるので、失明するトラブルはありません。健康な目の眼圧を下げることは望ましくはないため、積極的に点眼することは避ける必要があります。基本的にまつ毛育毛剤は眼科でも処方してもらえますが、眼病ではない人は対象外になっています。まつげ育毛として使う場合は、専用アプリケーターを用い、目に入らないようにつけることが大切です。

また、一度使ったアプリケーターは破棄し、常に清潔な状態で目につけるようにしましょう。一度使用したアプリケーターや、目や指などがボトルの口についた場合は、そこから雑菌が繁殖して薬剤の品質を変えることもあります。これが眼病の元になり、それを放置することで角膜穿孔を起こして失明に至る可能性もあるので注意が必要です。特に角膜へ感染することで症状が起きるため、使うときは薬用洗剤などで手をきれいに洗いましょう。直射日光に当てたり、高温や寒すぎたりする場所などでの保管方法も間違っているため気を付ける必要があります。